Amazonで麹を探していたら、「発芽玄米こうじ」と言うのが目に留まった。値段は250gで473円と普通の甘こうじより、かなり高いが、何か良さそうなので、取り敢えず購入して試すことにした。発芽玄米こうじ100%の甘酒だとコストの点で辛いので、これまでの麹に少し添加して甘酒を作って見たら、とても美味しい甘酒が出来たので紹介。
(1)材料の準備
・甘こうじ:200g(1袋)
・発芽玄米こうじ:25g(1/10袋)
・ごはん:450g(無洗米ゆめぴりか)
(2)甘こうじ200gと発芽玄米こうじ25gと水400ccを1.8リッターの容器に入れ、良く混ぜる。
(3)ごはん450gと水900ccを鍋に入れ、お粥を作る。
(4)沸騰したら火を止め4分放置する。
(室温25度時)
※製作メモ:以前は5分放置してから作っていたが、最近では4分でやっている。冬場は室温が20度以下になる事が多いので1分縮め3分。この方が発酵が進む気がする。
(5)水でほぐした麹を鍋に中に入れて良くかき混ぜる。
(6)鍋の中のものを全て、元の容器に戻す。
保温バッグ (7)容器を厚手の布にくるんで、保温バッグに入れ、丸一日室内に放置。

(8)容器を取り出し、冷蔵庫に保存。
(この時点でもまずまずの味になっているが、後の方が更に濃厚な味わいになる。)
※発芽玄米こうじブレンド甘酒について
・麹菌の働きが活発な為かトロトロの甘酒になる。
・乳酸発酵のような甘酸っぱい味がする。
・濃厚で複雑な味わいになる。
・甘こうじだけの甘酒より早く旨くなる。
・1週間冷蔵庫に入れて置いても問題なく美味。
・発酵度が低く、さっぱりとした味にしかならなかた甘こうじでも、この発芽玄米こうじを添加することで大変美味しい甘酒になる。
※関連ページ:
白米甘酒の作り方
酒粕で作る甘酒
 
Copyright(C) Owlnet All Rights Reserved.